腕によりをかけて、丹精込めて。
練り方工程 * のし方工程 * 型抜き工程 * 丸め方工程
*

■練り方工程
 水で溶いた県産地鶏の卵を、落花生の粉10に対し1の割合で混ぜ合わせ生地をつくります。生地は空気が程良く残るよう、細部まで調整された練り機で手早く均一に混ぜ、余分な油も出さぬように練られます。

■のし方工程
 できあがった生地を、めん棒で平たく伸ばします。ここでも圧力は禁物。やがて表面に、落花生の油分がしみ出してきて、しっとりとしてきます。時間をかけずに手早く次の工程へと進みます。

■型抜き工程
 一粒一粒が同量になるよう、型抜き器を使い切り分けます。ここでも生地に圧力をかけないよう、優しく丁寧に切り分けていきます。

■丸め方工程
 中に抱かせた空気を閉じこめたまま、丸く整形するため、切り分けられた生地は、ザルにのせられ、コロコロころがしながら丸めていきます。

こだわりの製法 TOP安全で高品質な原材料手作業の伝統的な職人技手を抜くことのできない製造工程